214円,文房具・オフィス用品 , 筆記具 , ペン,missboux.com,プラチナ万年筆,ブルーブラック,PSQ-400#3,/archsaint1082951.html,プレピー,0.2mm,万年筆 プラチナ万年筆 万年筆 税込 プレピー ブルーブラック PSQ-400#3 0.2mm プラチナ万年筆 万年筆 税込 プレピー ブルーブラック PSQ-400#3 0.2mm 214円,文房具・オフィス用品 , 筆記具 , ペン,missboux.com,プラチナ万年筆,ブルーブラック,PSQ-400#3,/archsaint1082951.html,プレピー,0.2mm,万年筆 214円 プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3 文房具・オフィス用品 筆記具 ペン 214円 プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3 文房具・オフィス用品 筆記具 ペン

プラチナ万年筆 上質 万年筆 税込 プレピー ブルーブラック PSQ-400#3 0.2mm

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3

214円

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3

商品の説明

色:ブルーブラック  |  パターン:単品

2007年の発売以来、低価格ながらも本格的な書き味の万年筆として好評いただいているプレピーが累計販売数1,000万本を達成。
これを記念してプレピーが装いも新たにリニューアル。
ボディーカラーをインク色に合わせたカラー透明に一新し、カラフルでよりポップな万年筆に。
ボディー色に合わせたカートリッジインクを添付していますが、お好みのインク色に交換して楽しむことができる。
ピカピカに磨かれたステンレス材で摩耗に強い特殊合金ポイント付のペン先は、1,000 円以下の万年筆では最高の品質を誇る。
さらにキャップを締めた状態で、カートリッジインクを差し込んだまま1年経ってもインクが乾かない「スリップシール機構」搭載。
いつでもさらっと書き出すことができるのでストレスを感じさせません。
精度を高め丁寧に調整された「極細(PSQ-400)」のペン先は手帳やスケジュール帳への書き込みや、繊細なイラストの描写にも最適。
※一度インクを通した万年筆は洗浄してからインク色を交換してください。


メーカーより

ボディーを透明からインク色に合わせたカラー透明に一新。カラフルでよりポップな万年筆に生まれ変わりました。

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3

万年筆のことはよく分からなかったが、元来筆圧が弱いのでゲルインクボールペンを好んで使っていた。筆圧をさらに下げてペンを寝かせてもスラスラかける。これはもっと早く導入すべきだった。書くのが楽しくなって、調子にのって落書きばかりしていたら、インクがぐいぐい減っていく。たまに手が汚れる。ペン先が自分の方を向いてないなどたまにインクがでない。その辺は欠点というより、万年筆の特性だから当たり前なのだろう。思ったことを好きにかけるという安心感は、心の癒しさえもたらす。しかし、職場に置き忘れて来てしまった休みの前日など、不安感がすごい。ゲルインクボールペンでは、いつでも思いを書けるという充実感はもたらされないのだ。万年筆を買うことは心の癒しという体験を買うことである。それがたったの数百円。世のカウンセリングは1時間1万5000円程する。誰にも話せない思いは万年筆で書けば良い。筆圧は弱くていい。腱鞘炎になるリスクも少ない。書いた紙はその辺に散らかさず、しっかり保管しよう。そして、カジュアルに寄り添うように落書きにも対応するのに、本分はあくまでフォーマルであり、履歴書や契約書のサインにも対応するのだ。何という懐の広さ。但し複写式の領収書などには、全く非対応である。間違ってもそのシチュエーションでキャップを抜かないように。相棒の特性を深く理解しよう。
出て直ぐ、定価300円時代に購入した個体のキャップにひびがはいり、ゆるくなってしまったので買い換えました。キャップと胴軸だけこちらから移植して、使うこと1ヶ月ほどですが、胴軸にはもうクラックが入り始めています。ほんとどうにかなりませんかね。プレピーSIGNは同型なのにクラック入らないんですから。 筆記幅は細くてgoodです。 セットするインクの種類に関係なく、書いてるうちに切り割りの左右にインクがあふれてきます(写真)が、他社の万年筆でもよく見られる、普通の現象ですので、ぬぐったりせず、気にしない方向で。
0.3と0.2㍉を中心に使用。会社の机にほったらかし同様にしているが、プラチナさんの十八番であるスリップ・シールというやつですか、1週間くらい空けて使うときでも一筆目からスラスラ書けるのがすばらしい。ちなみに私は純正カートリッジ、カーボンブラックとピグメント・ブルー、すなわち顔料インクを使っている。高価な万年筆でないので、万が一ドライド・アップしてペンがダメになっても一応諦められるし、機密性の高いペンであることも安心して顔料インクを使っていられる理由だ。ニブと毛細管芯が一体になっていて、引っ張れば簡単に抜くことができるのでインクの洗滌の際には便利である。ただ書き心地からの点からも、この製品から万年筆の奥深さというのは感じられず、あえていえば入門の入門くらいかな。インクが乾いたりしにくい点は、高評価できる。プレジールは使ったことはないが、万年筆入門用ならパイロットのカクノやコクーンの方が奨められる。
少し値上がりしたようですが、それでも安すぎますね~ この値段で万年筆が買えるなんて素晴らしいです。ペン先はEF(0.2㎜)と言うことですが、パイロットのカクノなどと比べるとプラチナの万年筆はほんの少しですが太めかと思います・・・パイロット製品で言う所のEFとFの丁度間、シャーペンで言うと感覚的に、0.4mmぐらいの線幅でしょうか?以前買ったカーボンインク用のデスクペン(EF)と同じような感じで程好い線幅、硬めなのですが多少撓りを感じて引っかかりなくスラスラ書けます。乾きにくいスリップシール機構と言うことなので今度はこちらにもカーボンインクを入れて使ってみたいと思ってます。多少の犠牲はなんのその、普段使いにガシガシ使える万年筆・・・お勧めですよ。

〜メンズファッションの着こなし方・コーデ方法・人気アイテムを発信!〜