HD,6299円,Avantree,LL,/hyperlithuria486342.html,送信機,aptX,受信機,Oasis,aptX,光接続,トランスミッター,Bluetooth,一台三役,Plus,missboux.com,充電不要,レシーバー,2台同時接続,家電&カメラ , ポータブルオーディオ , ポータブルオーディオアクセサリ,給電できる,バイパス 6299円 Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー バイパス 一台三役 送信機 受信機 2台同時接続 aptX LL aptX HD 光接続 Oasis Plus 家電&カメラ ポータブルオーディオ ポータブルオーディオアクセサリ Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー 安売り バイパス 一台三役 送信機 HD aptX Oasis 光接続 2台同時接続 Plus LL 受信機 6299円 Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー バイパス 一台三役 送信機 受信機 2台同時接続 aptX LL aptX HD 光接続 Oasis Plus 家電&カメラ ポータブルオーディオ ポータブルオーディオアクセサリ Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー 安売り バイパス 一台三役 送信機 HD aptX Oasis 光接続 2台同時接続 Plus LL 受信機 HD,6299円,Avantree,LL,/hyperlithuria486342.html,送信機,aptX,受信機,Oasis,aptX,光接続,トランスミッター,Bluetooth,一台三役,Plus,missboux.com,充電不要,レシーバー,2台同時接続,家電&カメラ , ポータブルオーディオ , ポータブルオーディオアクセサリ,給電できる,バイパス

Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー 安売り 毎週更新 バイパス 一台三役 送信機 HD aptX Oasis 光接続 2台同時接続 Plus LL 受信機

Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー バイパス 一台三役 送信機 受信機 2台同時接続 aptX LL aptX HD 光接続 Oasis Plus

6299円

Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー バイパス 一台三役 送信機 受信機 2台同時接続 aptX LL aptX HD 光接続 Oasis Plus


商品の説明

送信機/受信機/バイパス機能搭載の一台三役
トランスミッターモードでは、テレビやラジオなどのAV機器からBluetooth対応のヘッドホンやスピーカーへ音声・音楽を送信します。
レシーバーモードではBluetooth対応のスマートフォンやパソコンから音声・音楽を受信し、スピーカーなどで再生できます。
バイパス(Bypass)モード
テレビからの光出力が1つしかなく、現在スピーカー(サウンドバー)で使用されている場合は、バイパス(Bypass)機能をご利用ください。テレビとスピーカー(サウンドバー)の間に本機を接続し、スピーカー(サウンドバー)からオーディオを再生し、同時にヘッドフォンでも再生できます。それにより、ご家族でBluetoothヘッドフォンと有線スピーカーでそれぞれお好みの音量でテレビをお楽しみいただけます。
※バイパス機能は、出力と同じタイプの入力、つまりAUX出力へのAUX入力またはOPT出力へのOPT入力でのみ機能します。

ハイレゾ対応のAPTX HDテクノロジー搭載
APTX HD は48KHz/24bitまでのハイレゾ再生に対応したコーデックになります。
aptX-HD対応のデバイス(ヘッドフォン、スピーカーなど)と連携して、高音質な音楽などをお楽しみいただけます。送信機と受信機の両方のモードでaptX-HD 対応可能となります。

aptXローレイテンシー(低遅延)とは
テレビやゲーム向け用途として開発された、映像と音声のズレ(遅延)を人間の耳では検出できないレベル(32-40ms)にまで排除するテクノロジーです。それによりコンサートやスポーツの生放送、ビデオゲームなどをワイヤレスでもライブ感そのままに視聴することができます。
音楽/映画/ビデオゲームなどをワイヤレスで臨場感たっぷりに!

デュアルリンクaptXローレイテンシー(低遅延)技術
同時に2台のヘッドフォンで音声遅延なく視聴することが可能になりました。
つまり、ヘッドフォン2台同時使用しても音ズレを感じることなくワイヤレスで動画を視聴できます。お二人でも、音楽/映画/ビデオゲームをワイヤレスで快適にお楽しみいただけます。
※Avantreeヘッドフォン Audition Proを2台使用することで、デュアルリンクaptX LLをご体験いただけます。
※デュアルリンクの場合、aptX HDはサポートしていません。

充電不要のトランスミッター
テレビやパソコンに直接つないで電源を確保するため、面倒な充電も必要ありません。そして安定して電波を供給することが可能になりました。そのため、従来の充電タイプのトランスミッターのように、動画の視聴中にノイズが入る、ヘンドフォンをつけたまま移動すると電波が途切れるなどの煩わしい問題から全て解放されました。ヘッドフォンを付けたまま、家中歩き回ってもクリアな音をキープします。

その他の活用方法
トランスミッターで接続したテレビやパソコンの音声はヘッドフォンだけでなく、Bluetoothスピーカーやイヤホンなどの様々なデバイスに送信してお楽しみいただくことも可能です。
※AvantreeスピーカーTorpedo Plus(aptX LL対応)と組み合わせることで、ワイヤレスでも低遅延でテレビや映画を大迫力の3Dサウンドでお楽しみいただけます。

使用中のコーデックや接続状態のLED表示機能
SBC、aptX、aptX Low Latency、aptX-HD、fast streamのコーデックに対応しておりますが、ペアリング後にどのコーデックがアクティブになっているかを、LED表示により確認できます。
また、送信モードや受信モード、AUX /RCA/光の接続状態もLED表示で確認できます。

製品仕様

(#)Bluetoothバージョン:5.0

(#)Bluetoothプロファイル:A2DP AVRCP

(#)対応オーディオコーデック:SBC、aptX、aptX Low Latency、aptX-HD、fast stream

(#)Bluetooth通信範囲:最大50m Bluetooth Class1

(#)サイズ:11.4 cm(長さ)x 7.5 cm(幅)x 3 cm(高さ)

(#)重量:90g

(#)技適マーク取得

梱包内容
トランスミッター本体
3.5 mmオーディオケーブル
RCAオーディオケーブル
USBケーブル
光ケーブル
日本語説明書、1年保証付き

Avantree 充電不要 給電できる Bluetooth トランスミッター レシーバー バイパス 一台三役 送信機 受信機 2台同時接続 aptX LL aptX HD 光接続 Oasis Plus

トランスミッターでこの手の商品は沢山あるんですが、あからさまにレビュー操作入った商品が多かったので今回は少しお高い&レビューが怪しくなさそうなこれを買いました。結論から言うと買ってよかったです。これは据え置き型のWifiトランスミッター兼レシーバーです。モードも多いし、低遅延と高音質を使い分けられるし、結構な長距離でも使えたので満足してます。嬉しい誤算で日本語の説明書が突っ込んでありました。(写真2)発送元であるNEXTステージのオリジナル説明書みたいです。(説明書の最後に株式会社リブレって書いてありますが同じ会社?なのかな?)両面印刷で細かく書いてあったので英語が苦手な自分は助かりました。大きさはiphone7より少し小さいくらい。思ってたより小さいし、軽いので落としても壊れなさそう。USBつないで音声入力するだけで自動的に立ち上がります。ペアリングも簡単。イヤフォン接続時に英語で「コネクテッド レディフォーユース」と喋りますが、結構でかい音なので気になる人は切ったほうがいいかもしれません。音質はイヤフォンジャック&低遅延で使ってもそれなりにクリアに聞こえます。自分の環境ではノイズも無し。光デジタル&高音質モードのときはさすがの音質。ただ、高音質モードだと遅延は「あー、言われてみれば確かにある気がする」といった感じ。動画程度だと全く気になりませんが、リズムゲーム系などでは低遅延モードにしたほうがいいのかも?正直私みたいな一般人にはわからないレベルですがね…。性能・見た目・使いやすさは☆5。後は代行輸入品ゆえのお高めの値段と、Bluetooth4.2までの対応っていうのがちょっと引っかかるところかなぁ。いうてBluetooth5対応のイヤフォンなんてまだ市場でほとんど売ってませんけどね。対応してたら嬉しかったなというわがままですw電波距離も長めだし、音質も悪くない。普通に使うには十分すぎる性能だと思います。結構おすすめ。
キッチンで料理を作っているとどうしてもテレビの音が聞こえなくなるのと、同居人が眠っている間のゲームやテレビの音問題が解消できるかと思い購入しました。光ケーブルでテレビ-スピーカーと繋いでいたところへ、テレビ-本製品-スピーカーと繋ぎ直しました。あとは本製品のBluetoothボタンを長押しして、使いたいイヤホンをペアリングモードにするだけでOK。テレビからも、イヤホンからも音が流せるので同居人も普通にテレビの音が聞こえるので満足です。イヤホンの方はちょっとだけ音の遅延が。低遅延のものが欲しくなりました。iPhoneのスピーカーとしても活用してみました。こちらもBluetoothボタン長押ししたあとに、iPhoneからデバイスを選択して完了。音質も悪いとか感じません。キレイでした。ワイヤレスで好きな音楽が楽しめて便利です。同居人のウォークマンを2台目の接続に。こちらもBluetoothボタン長押しでスムーズに設定できましたよ。説明書も日本語のものが付いていました。英語の冊子もたくさん入ってましたがひとつも読まず 笑モードを切り替えたり、ペアリング完了のときの英語のアナウンスが音量も大きく耳障りだったのですが、それも説明書通りに消すことが出来たので快適。(左から2つめのボタンを長押し)買って良かったです。
テレビ視聴専用の据置トランスミッターとして、光デジタルで接続し使っています(レシーバーとしては使用したことはありません、トランスミッターとしてのレビューです)。ちょっとお高いかな、とは思いますが、総じて満足しております。・内部に充電池はなく、USBで給電されている状態でのみ稼働します。テレビのUSBを利用して給電すれば、テレビの電源ON/OFFに連動してくれるので使いやすいです。USBとの接続は給電が目的のため、テレビにUSBがなくても心配する必要はないです。この場合、例えばコンセント+USB充電器に接続するなど、別の給電できるUSBに接続すればOKです。(追記)テレビ側の仕様で、テレビ電源OFFしていても1時間毎に1回1分ほど?はUSBに給電されます。そして給電されるたびにトランスミッターも電源ONになり、英語の音声が流れます。深夜に響く英語の音声は大変怖かったので音声はOFFにしました。・音声でのお知らせ、案内は、ON/OFFの設定ができます。結構大きな音声なので操作に慣れたらOFFにしようかと思います。また英語、ドイツ語、フランス語(日本語ナシ)が選べると日本語の説明書には記載してあります。(追記)私の操作が間違っているだけかもしれませんが、ドイツ語フランス語には変更できないかと。・以前使用していた充電池内蔵のトランスミッターは、充電中にノイズが入ったり、6分間接続がないと自動で電源が切れてしまいました。トイレ行ったり飲み物準備したりすると6分なんてすぐ経過してしまいます。自動で切れた後に再度使用する場合、わざわざスイッチを電源ONにし直すためにテレビの所まで行かなければならず面倒でした。こちらの商品は電源をONにしている間はずっと稼働してくれるので助かります。・こちらの商品説明には書いてないようですが、aptX LL、aptX HDのどちらを優先させるか選ぶ切替スイッチが本体側面にあります。例えば、aptX LL、aptX HD、両方のコーデックに対応しているヘッドホン使用時には、動画ならaptX LL優先、音楽ならaptX HD優先、と選べて便利です。・なお、接続するコーデックは自分で指定できません。接続しようとしているイヤホン等のデバイスの対応コーデックを判別し、優先順位に従ったコーデックで自動接続します。コーデックの接続優先順位は、aptX HD優先ですと、aptX HDgt;aptX LLgt;aptXgt;FastStreamgt;SBC、aptX LL優先ですと、aptX LLgt;aptX HDgt;aptXgt;FastStreamgt;SBC、となります。ちなみに、こちらの商品が対応しているコーデックですが、音質で大まかに比較すると、音質の良い順に、1.aptX HD 2.aptX LL、aptX 3.FastStream、SBC となります。遅延で比較すると、遅延の少ない順に、1.aptX LL、FastStream 2.aptX 3.aptX HD 4.SBC となります。・使用中のコーデックがわかる表示ランプ、これがとても良いです。コーデックの違いによる1秒未満の音の遅れや音質を瞬時に聞き分けられる耳を持っておりませんので、ランプで確認できるのは助かります。こちらの商品は珍しく FastStreamのコーデックに対応していますが、商品を見るとわかる通り、 FastStreamでの接続を示すLED表示ランプはありません。これは少々不満です。同社の他のトランスミッターAudikastにはあるのに。とはいえ FastStreamでの接続時には、LED表示ランプ(LL)が点灯します。・トランスミッターとしての使用時には、イヤホン、ヘッドホン側のボタンでの音量調節ができました(できない、と思わせるレビューがあったので心配してました)。光デジタル接続の場合、イヤホン等で受信する光デジタル出力の音量とリモコン等で操作できるテレビの音量とは連動していません、独立しています。ですので音量調節のできるイヤホン等のデバイスを利用しないと音量調節できなくて困ることになるかもしれません。トランスミッター本体にも音量調節ボタンがあるのですが、イヤホンAでは調節でき、イヤホンBでは調節できませんでした。接続するデバイスの仕様によっては本体の音量調節ボタンは有効になる、と考えられます。・(追記)上手くペアリングできなかったりと動作が不安定になってしまいましたが、光デジタルケーブルを付属のモノから別購入品に交換したところ、安定しました。ちなみにAmazonベーシックの光ケーブルでも動作不安定、iVANKYの光デジタルケーブルで安定しました。・(追記)aptX LL 、FastStreamでの接続は、双方とも極わずかな遅延(0.04秒ほど)があるそうですが、この遅れを聞き分けられる方は稀でしょう。音声の遅れは感じません。音ズレはない、と言って良いと思います。ちなみにSBCでの接続ですと、0.22秒ほどの遅延があるそうです。音質はFastStreamよりもaptX LLの方が良いです。なお、aptX LL または FastStreamで接続するにはこの商品だけではダメです。大原則として、Bluetoothコーデックは接続する機器同士が同じコーデックに対応していないと利用できません。ですので、aptX LL または FastStream のコーデックに対応したイヤホン等のデバイスを併せて使用することが必要条件です。・(追記)映画などを観るときは、ワイヤレス スピーカー(Avantree Torpedo Plus)を使用してます。aptX LLで接続されるので音ズレがなく、テレビ本体のスピーカよりも音が良いです。また、アイロンや水仕事などをしながらなんとなくテレビを観るときは、ネックスピーカー(SHARP AN-SS1)を使用してます。FastStreamで接続されるので、こちらも音ズレがありません。ちなみにこのネックスピーカー付属のBluetooth送信機を使うと、アナログ接続のためか音質も悪く十分な音量が確保されませんでした。ですので、こちらの商品使ってて良かったな、と思います。
返品期限を過ぎ、レビューを書いたらすごく丁寧にいろいろな対処法をサポートして頂けた。説明書だけではわからない、製品知識にびっくりでとても安心出来ました。結果、音は復活しましたが音量が以前より小さくなったら交換という事になりました。感謝です。↑使用後1週間でTX送信しなくなった。バイパスOK、Bluetoothオディオ接続OK(音声でもユースフル・デバイス側も点灯)、Bluetoothオーディオ単体・・故障なし(確認)なのでTX故障ww

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。